H2Oスチームユニオン カビ

H2Oスチームユニオンはカビを落とすのが得意じゃない?

H2Oスチームユニオン カビ

 

スチームクリーナーは万能な掃除グッズでいろんな汚れを落とすことができますが、実際に使ってみると得意な汚れとそうではない汚れがあるのがわかります。

 

壁紙や油汚れなどを落とすのは得意なのですが、タイトルにもあるようにカビによる汚れを落とすのはあまり得意ではありません。

 

狭い範囲のものや比較的新しく発生したカビについては、問題なく落とすことができるのですが、根深いカビ汚れとなるとあまりきれいにならないのですね。

 

そもそもカビの汚れを落とすにはプロの業者に依頼するレベルの汚れになることも多いので、そうなってしまうとH2Oスチームユニオンでも対応できないということは十分に考えられます。

 

もし、カビ汚れをH2Oスチームユニオンで落としたいと思っているのなら、まだカビの範囲が狭いときや発生して間もない頃を狙って集中的に掃除するのがいいでしょう。

 

小さなカビは生活や健康被害にはあまり影響を与えませんが、カビが発生している状態をずっと放置していると身体にも良くありませんし、気が付かない間にどんどんと範囲が広がってしまいますから、早めのタイミングで対策をすることをおすすめします。

 

気になるカビ汚れが発生したのなら、H2Oスチームユニオンですぐにでも対応しておきましょう。

カビ汚れを落とすテクニック!

カビを落とすのにH2Oスチームユニオンはあまり向いていませんが、少し工夫をしてから使うことでかなりきれいにすることはできますよ。

 

カビ汚れはエタノールを使用することで落としやすいとされています。

 

気になる部分にエタノールを霧吹きなどで吹きかけて、5分〜10分くらいしばらくそのままにしておきます。

 

その後は塗れたタオルなどでふき取ったり、メラニンスポンジを使って擦ると大抵のカビは落とせるはずですよ。

 

これでも落とせなかったカビに対してはH2Oスチームユニオンを使って仕上げをするように使うと、ただスチームするよりは効果的です。

 

カビ汚れを落とすためにエタノールなどを使う場合は必ず換気をしてから使うようにしましょう。

 

特に浴室は窓がなくて換気に適していない場所でもあるので、中毒が起きる危険性も否定できません。

 

安全を確かめてから使うようにしてください。

 

浴室やキッチン、加湿器の近くの壁などはカビが発生しやすいですので、できるだけ普段から換気をするようにして、水分が付着しているときはこまめに拭いてあげるようにしましょう。

 

 

毎日のちょっとした掃除でカビの発生を防ぐことができますし、カビを落とすのも簡単になりますよ。

page top